塩レモンの効果・効能

塩レモンの効果・効能

塩レモンの効果を紹介しています。レモンを普通に食べるのとまた違うお得な効果があります。

 

 

塩レモンとは

ようはレモンの塩漬けです。レモンを発酵させたもので、肉や魚の臭みとりにつかわれることが多いです。サラダのドレッシングとしても使われます。作るのが簡単で、保存も危機、コストがかからないということで世界中で使われており用途は幅広いです。

 

塩レモンの効果って?

塩レモンはそれそのものを食べる効果というよりも、特筆すべきは食材の臭みを消したり旨味を引き出す能力でしょう。

 

  • グリルにした肉や魚
  • 魚介料理の添えもの
  • サラダのドレッシングとして
  • パスタのソースとして

 

すべて塩レモンを使うことで、食材の味がひきたつものばかりです。なので「料理をさらに美味しくする」というのが塩レモンの最大の効果といえるでしょう。

 

もちろんレモン自体にも効果があるのですが、それについては【⇒⇒レモンの効能とは】で全て説明していますので、あえてここでまた同じことを書く必要もないでしょう。

 

※塩レモンはその名の通り塩がつかわれていますので、食べ過ぎは健康には逆によくありません。塩分過剰は高血圧や肥満に繋がります。あくまで調味料として考えましょう。

<スポンサーリンク>
page top