レモンのアロマオイル(精油)の効果

レモンのアロマオイル(精油)の効果

レモンのアロマオイル(精油)の効果について解説しています。

 

 

レモンのアロマオイルとは

アロマオイルというのは香りがする精油(エッセンシャルオイル)のことです。精油というのは植物の分泌液からつくられたオイルですね。アロマオイルの香りには様々なものがあり、レモンのアロマオイルといえばレモンの香りがするアロマオイルということになりますね。

 

レモンのアロマオイルの効果

レモンのアロマオイルは日常における様々な用途に用いられています。部屋の芳香剤として、トイレや台所の消臭剤としてなどなど。

 

レモンの香りは私たちに馴染みのあるリラックスできる香りであることから、嫌な臭いを書き消したり、まぎらわすのには向いています。

 

レモンの香り成分の効果

レモンの香り成分はリモネンとといわれるものです。リモネンには気持ちをりラックスさせてくれる効果があります。

 

ストレスを抱えがちな現代人の疲れた心を癒してくれるでしょう。気持ちを落ち着かせて集中したい時にもレモンのアロマがその助けになることでしょう。

 

注意点

レモンのアロマオイルは光毒性があり日光や紫外線にあたるとシミになる可能性があります。皮膚にオイルを塗ったあとすぐに日光にあたらないほうがいいでしょう。

<スポンサーリンク>
page top