レモンの皮の栄養効果

レモンの皮の栄養効果

レモンの皮は捨ててしまう人がほとんどだと思いますが、実はこのレモンの皮にこそ栄養がつまっています。今回はその皮の効果と食べ方について紹介しています。

 

 

皮にこそビタミンCが!

レモンの代名詞ともいえるビタミンCですがレモンの皮には100gあたり50mgのビタミンCが含まれています。これは果肉の含有量に負けていません。

 

ましてや絞り汁よりははるかに多くのビタミンCが含まれていることになります。

 

皮の食べ方

ただ問題はその皮の食べ方ですよね。いくわ皮にビタミンCが豊富といっても生の皮をばりばり食べることはできません。まずいと思います。

 

私がよくやるのはレモンの皮のお菓子です。簡単な作り方を以下に示します。

 

1.レモンの皮を剥く(4個分くらい)
2.軟らかくするために水に一晩浸けておく
3.皮を幅5mm程度の大きさに切る
4.切った皮を砂糖で煮る
5.ザルに入れて水分を切る
6.グラニュー糖を振りかける
7.レモンの皮お菓子の完成

 

おつまみ感覚で食べられます。子供も喜びました。

 

レモンは国産品を! 
レモンの皮を食べるのなら必ず国産のものにしておきましょう。海外からの輸入品は収穫から店頭に並ぶまで時間がかかるので、農薬で防腐処理がされています。この農薬は少し洗った程度でとれないうえ、身体にも良くないとされているので食べないようにしましょう。(命に関わることはないと思いますが胃が荒れたりするみたいです)

<スポンサーリンク>
page top