レモンの美肌・美容効果

レモンの美肌・美容効果

レモンに美肌・美容効果があるというのは本当なのでしょうか。その根拠とは?

 

 

肌荒れ防止の根拠

レモンには100gあたり果肉に50mg、皮に50mgのビタミンCが含まれています。柑橘類の中でも屈指の含有量です。そしてビタミンCには肌荒れ、シミ、そばかすといった肌トラブルを防止・改善する効果があります。

 

※ビタミンCにはシミの原因であるメラニン色素を抑制したり、肌の潤いを生むコラーゲン生成を助ける作用がある。

 

肝臓の機能をサポート

レモンのビタミンCには肝臓の働きを促進し、解毒効果を高める作用があります。肝臓は食べ物から摂取した栄養素を蓄える役割があります。その肝機能が低下すると肌に充分な栄養がいきわたらなくなってしまうのです。

 

活性酸素を除去!

レモンに含まれているポリフェノールの一種「エリオシトリン」には肌の劣化の原因である活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

 

肌の新陳代謝を活発に!

レモンに豊富なクエン酸には新陳代謝を活発にする作用があります。代謝がよくなればそれだけ十分な栄養サイクルを作ることができますから肌にもいいのです。

 

デトックス効果!

レモンには水溶性食物繊維が多いので、腸内環境を整えたり、デトックスを促進する効果があります。腸内環境の悪化は肌荒れに直結しますから、整腸作用のある食べ物を食べることは大切です。

<スポンサーリンク>
page top