レモンは酸性かアルカリ性か

レモンは酸性かアルカリ性か

レモンって酸性ですか?アルカリ性ですか?という疑問を持っている方が多いようです。実際どちらなのでしょうか。

 

レモンはアルカリ性食品

結論からいってしまえば、レモンのあの酸っぱさからわかるようにレモン自体は酸性の食べ物です。

 

おそらくレモンが「アルカリ性食品」・・・ということを聞いてこのような疑問を抱くのだと思います。

 

ですがアルカリ性食品というのはあくまで『摂取後に消化された後の残留物の水溶液がアルカリ性』という意味です。

 

レモン自体は酸性ですが、身体の中ではアルカリ性の働きをするためアルカリ性食品でもあるのです。

 

酸性食品は体に悪い?

かつて酸性食品は消化後に血液を酸性にするから体に悪いという説が唱えられたことがあります。

 

その影響で酸性食品の肉を控えて、アルカリ性食品である果物や野菜をたくさん食べようという風潮が高まりました。

 

ですが現在では酸性の食品を食べたからといって、血液が酸性になることはないと医学的に否定されています。

 

なので酸性だから、とかアルカリ性食品だから、という概念はもはやなきものになっています。

<スポンサーリンク>

関連ページ

レモンの成分
当サイトではレモンの健康効果や利用法などその魅力をあますことなく紹介しています。ですがその魅力は全て今回紹介する成分のおかげなのです。
レモンのビタミンCの効果
ビタミンCはレモンの代名詞のようなものですよね。今回はそのレモンに含まれるビタミンCの効果を紹介しています。
ビタミンCを過剰摂取すると害はあるの?
レモンの代名詞であるビタミンC。このビタミンCの過剰摂取は私たちの体に何か害を及ぼすのでしょうか。
犬にレモンをあげても?ビタミンCは必要?
犬のようなペットを飼っている方で「レモンをあげてもいいの?」という疑問をお持ちの方が少なくないようです。
レモンのクエン酸の効果と含有量
レモンに含まれているクエン酸の効果を紹介しています。
ポッカレモンの成分
ポッカレモンの成分を紹介しています。生のレモンとの違いはあるのでしょうか。
レモンアレルギーの症状
レモンを食べたり触ったりすることでアレルギーのような症状を発症される方が稀にいらっしゃいます。今回は注意喚起の意味でレモンアレルギーの症状や対処法を紹介しています。

 
トップ グレープフルーツ 温州みかん レモン 八朔 ポンカン