八朔といよかんの違いは?

八朔といよかんの違いは?

日本はいろいろな品種の柑橘類が栽培されている国。旬を迎える冬に八百屋やスーパーへ行くと、鮮やかな色合いの柑橘類が所狭しと並んでいますね。そんな柑橘類のなかから、今回はいよかんと八朔の違いについて紹介しましょう。

 

八朔といよかんの生産地はどこ?

八朔もいよかんも、西日本の気候が温暖な地域で栽培されています。八朔の一大生産地は和歌山県で、全国で収穫される八朔の約7割を占めています。和歌山県に続くのは広島県と愛媛県で、2県の八朔の収穫量を合わせと、全国の約2割になります。

 

一方、いよかんをもっとも多く生産しているのは愛媛県で、こちらは全国の収穫量の約9割にまで及びます。いよかんは漢字で「伊予柑」とも書きますが、これは愛媛県の古い呼び名である「伊予」に由来しています。ちなみに、和歌山県は全国2位のいよかんの生産地ですが、収穫量での点で見ると、全国の2%程度を占めるに過ぎません。

 

八朔といよかんの食べ頃は?

同じ柑橘類ということもあり、八朔といよかんはどちらも12月~3月のあいだに収穫され、出荷されます。収穫後は、ともに一定の期間冷暗所に保存され、そこで完熟を迎えることになります。食べ頃に関しては、八朔が1月~2月に対して、いよかんは12月~2月と若干長めになっています。

 

八朔といよかんの風味や食感は?

柑橘類に属する八朔といよかんは、どちらも甘酸っぱい風味が特徴になっています。とはいえ、八朔は苦みの成分を含んでいるため、いよかんに比べて独特の風味を味わうことができます。苦みの原因は薄皮に含まれるナリンギンで、ポリフェノールの一種です。

 

食感については、八朔は果実が硬くて、しかも果汁が少な目。よって、サクサクとした歯ごたえのある果実と言えるでしょう。一方、いよかんは八朔に比べて果実が柔らかく、果汁も多めになっています。ジューシーな甘さが好きな人はいよいかんを、苦みのある甘酸っぱさが好きな人は八朔を、それぞれ選ぶようにしましょう。

 

同じ柑橘類のフルーツですが、八朔といよかんでは、とりわけ風味と食感に大きな違いがあります。自分の好みに合わせて、食べ分けるようにしましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

八朔の栄養効果とは
八朔は栄養価の高いフルーツの代表格。でも、八朔の詳しい栄養効果を知っている人はそう多くないはず。実は八朔には、美容と健康の維持に大切な栄養がたっぷり含まれているのです!その主な栄養効果を紹介しましょう。
八朔が苦い理由とは
八朔を食べている時に、「苦い」と感じたことのある人は多くいるでしょう。でも、同じ柑橘類のみかんに苦みはありません。八朔の苦みは何に由来しているのでしょうか?その理由について、八朔に含まれる成分の点から説明しましょう。
八朔はダイエットにピッタリのフルーツ
ダイエットのためにフルーツを食べている人は大勢いるでしょう。バナナにするか、リンゴにするか、はたまたキウイにするか、好みのフルーツは人それぞれでしょう。では、八朔にはどんなダイエット効果があるのでしょうか?
八朔と甘夏の違い
柑橘類の中には形や色が似たものが多いので、ひと目で品種を判別できない場合が多々あるでしょう。風味や食感となれば、外見だけでは判断することがなおさら難しくなります。今回は、柑橘類の中から八朔と甘夏の違いをまとめてみましょう。
八朔に含まれるビタミンは?
八朔にもっとも多く含まれる栄養素といえば、ビタミンC。風邪を予防する効果があるので、健康のために八朔を食べる人も多くいるでしょう。でも、八朔にはビタミンB1・B2・Eといったほかのビタミンも含まれています。それぞれのビタミンの効果を紹介しましょう。
八朔のむき方
柑橘類の多くは丸い形をしていますが、果実を覆っている外皮の厚さは品種によってそれぞれ違います。とくに、皮が厚い八朔の場合は、むき方に工夫が必要です。八朔の皮を簡単に、しかもきれいにむく方法を紹介しましょう!
八朔のカロリーと糖質とは
フルーツはヘルシーで健康にいいと言われています。とはいえ、なかには高カロリーや高い糖質のフルーツもあるので注意が必要です。では、オレンジの色合いが鮮やかで健康的に見える八朔は、どれくらいのカロリーと糖質なのでしょうか?
八朔の育て方
雑誌やテレビの宣伝が功を奏してか、田舎ライフや貸し農園が定着しつつあります。なかには、これから八朔作りにチャレンジしてみようという人もいるはず。そこで、今回は八朔の育て方を簡潔にまとめてみましょう。
八朔の正しい剪定方法とは
貸し農園やシェア畑を利用している人のなかには、八朔の木を植えているという人も多くいるでしょう。自分の手で育てた八朔はとくに美味しく感じますね。八朔の正しい剪定方法を理解すると、もっと美味しい八朔を収穫することができます!
八朔の産地はどこ?
フルーツや野菜を産地から直送で取り寄せている人は大勢いるでしょう。八朔の場合、産地直送で送られてくる段ボールには、決まって同じような県名が書かれています。八朔の産地を知ると、八朔が育つ環境のことも自然と分かってきます。
八朔の収穫時期とは
イチゴ狩りやブドウ狩りの醍醐味は、収穫したてのフルーツをその場で味わえること。新鮮でフルーツは美味しいですよね。でも、八朔は収穫時期と食べ頃が違うフルーツなのです!その理由を説明しましょう。
八朔の旬の季節はいつ?
フルーツの栽培技術が進んだ現代では、1年中同じフルーツを食べることができます。これは嬉しいことですが、せっかく食べるなら、旬の時期においしいフルーツを味わってみたいですよね。八朔がおいしく食べられる旬の季節を紹介しましょう。
八朔の皮を入れたお風呂の効果
お風呂に果物や植物を入れて保温効果を高める習慣は、日本人が古くから培ってきた生活の知恵と言えるでしょう。菖蒲湯や柚子湯は、その代表的な例です。八朔の皮もお風呂に入れることがありますが、では、その効果はどのようなものなのでしょうか?
八朔の皮を食べる効果
柑橘類はどれも栄養価が高いため、健康にも美容にも効果的と言われています。とくに八朔は、果実だけでなく、皮にもたっぷり栄養が含まれているフルーツ。では具体的に、八朔の皮を食べるとどのような効果があるのでしょうか?
八朔の美味しい食べ方とは
日本の冬を彩るフルーツといえば八朔!栄養満点で、風邪を予防したり、免疫力を高めたりする効果があります。でも、せっかく旬の八朔を食べるなら、美味しくいただきたいですね。八朔を美味しく味わうためには、どんな食べ方があるのでしょうか?
八朔の食べ過ぎは問題あり?
ビタミンCやクエン酸などが豊富に含まれる八朔は、カロリーと糖質が低いフルーツの代表格。ダイエットで八朔を食べたことのある人も多いはず。では、八朔に「食べ過ぎ」ということはあるのでしょうか?注意点をまとめてみましょう。
八朔は離乳食になる?
離乳食でよく使われる定番のフルーツといえばリンゴでしょう。すりつぶしたリンゴは消化がいいため、離乳食にふさわしいフルーツなのです。その一方で、八朔も離乳食になるという声もよく耳にします。果たして、八朔は離乳食として最適なのでしょうか?
八朔ジャム作り方
栄養がたっぷり詰まった八朔は、健康のためにもできるだけ食べておきたいフルーツです。でも、毎日八朔ではさすがに飽きてしまいますね。そんな時のために、八朔独特の風味と食感を生かした、八朔ジャムの作り方を覚えておきましょう!
紅八朔とはどんな果物?
冬になるとスーパーでよく見かける八朔。ふだん何気なく食べている八朔ですが、このフルーツは「紅八朔」と「普通八朔」という2つの品種に大きく分けることができます。それぞれの風味や食感を知れば、八朔をもっと美味しく味わうことができるでしょう!

 
トップ グレープフルーツ 温州みかん レモン 八朔 ポンカン