八朔に含まれるビタミンは?

八朔に含まれるビタミンは?

八朔にもっとも多く含まれる栄養素といえば、ビタミンC。風邪を予防する効果があるので、健康のために八朔を食べる人も多くいるでしょう。でも、八朔にはビタミンB1・B2・Eといったほかのビタミンも含まれています。それぞれのビタミンの効果を紹介しましょう。

 

 

疲労回復に効果的なビタミンB1

ビタミンB1の主な働きは、糖質の効率的な吸収を促して、体が必要としているエネルギーを生み出すこと。日頃から疲れがたまっている人は、体内でのエネルギー生成が上手くいっていない可能性があります。そういう人にとって、八朔は最適なフルーツ。糖質をエネルギーへと変換するビタミンB1は、疲労回復に欠かせない栄養素なのです。

 

新陳代謝を促し、美肌を作るビタミンB2

ビタミンB2は新陳代謝を活性化し、ビタミンB1と同じようにエネルギーを生み出す体の機能を高めてくれます。しかし、ビタミンB2には糖質にくわえ、たんぱく質と脂質をエネルギーに変える働きもあります。さらには、ビタミンC同様、肌を健康に保つ作用もあることから、八朔のビタミンB2には高い美肌効果も期待できると言えるでしょう。

 

風邪予防から美肌効果まで万能のビタミンC

ビタミンCはオールマイティーの栄養素で、その効果は風邪の予防、免疫力の向上、肌年齢の若返り、血管の強化など、多岐に渡ります。ビタミンCはとくに健康な体を維持したい人におすすめの栄養素で、健全な細胞に害を与える活性酸素を抑える働きがあります。アンチエイジングから生活習慣病の防止や改善まで、八朔は将来的に起こりうる疾病の危険性を下げてくれるのです。

 

免疫力を高めるビタミンE

活性酸素の増加を抑えたり、血管を強めたりする点では、ビタミンEにはビタミンCと似た効果が備わっています。さらに付け加えると、ビタミンEには、衰えたり疲弊した細胞を強化する作用もあるため、体全体を正常な状態へと近づける効果も見込めることになります。八朔が健康に良いというふれこみは、こうしたビタミンEの作用にその根拠があると言えるでしょう。

 

八朔はいろいろなビタミンが1度に摂取できる栄養価の高いフルーツ。日頃の健康維持のためにも、積極的に食べるようにしましょう。

<スポンサーリンク>
page top