八朔の収穫時期とは

八朔の収穫時期とは

イチゴ狩りやブドウ狩りの醍醐味は、収穫したてのフルーツをその場で味わえること。新鮮でフルーツは美味しいですよね。でも、八朔は収穫時期と食べ頃が違うフルーツなのです!その理由を説明しましょう。

 

 

八朔の収穫時期は1月から2月にかけてが最盛期

八朔の収穫時期は地域によって差があります。和歌山県の一部など、早いところでは12月に収穫が始まり、遅くとも3月にはすべての収穫を終えることになります。生産時期の目安は冬から春先にかけてですが、生産量で考えると、1月から2月のあいだに収穫時期が集中しています。

 

収穫したての八朔は酸味が強すぎるため、まだ食用には向いていません。通常は、涼しい貯蔵庫で、1か月〜2か月ほど八朔を寝かせることになります。このあいだに糖度が上がって、八朔は完熟を迎えるのです。

 

もちろん、出荷の時期は、八朔を寝かせた期間だけ先に延びます。これが、八朔の収穫時期と食べ頃が異なる理由です。

 

収穫時期が3月の「木成り八朔」

冷暗所で完熟を待つ八朔は、1月から2月にかけて収穫されるもの。一方、収穫をせずに木に付いたまま完熟を迎える八朔もあります。それが、「木成り八朔」と呼ばれるもの。3月が収穫時期になりますが、完熟までつねに木から養分を受け取るため、甘さが増すと言われています。

 

販売されている八朔の収穫時期は分かる?

八朔が食べ頃を迎える2月から4月になると、スーパーに八朔が並ぶことになります。もちろん、売られている八朔は完熟を待って出荷されたものです。収穫したてのスイカやメロンとは異なり、八朔に関しては、収穫された具体的な時期を知ることは難しいのです。

 

八朔の収穫時期は、完熟の度合いや進み具合を計算に入れて決められています。美味しい八朔が食べられる理由は、収穫と出荷の時期にずれがあるからなのです。

<スポンサーリンク>
page top