八朔の栄養効果とは

八朔の栄養効果とは

八朔は栄養価の高いフルーツの代表格。でも、八朔の詳しい栄養効果を知っている人はそう多くないはず。実は八朔には、美容と健康の維持に大切な栄養がたっぷり含まれているのです!その主な栄養効果を紹介しましょう。

 

 

肌荒れや風邪の予防に有効なビタミンC

ビタミンCは八朔にもっとも多く含まれている栄養素。その栄養効果は、肌荒れ、ニキビ、シワといった肌トラブルの予防において顕著に見られます。メラニン色素の増殖を抑えると同時に、肌を外的な刺激から保護することで、ビタミンCは健康的な肌の状態を作り出してくれます。

 

また、免疫機能の活性化を促すビタミンCは、風邪を予防したい時、風邪から早く回復したい時にも効果的です。

 

ダイエットにもアンチエイジングにも有効なオーラプテン

オーラプテンの主な働きは脂肪を分解したり、食欲を抑えたりすること。さらには、コレステロールの数値を下げる作用もあるので、八朔は食べ過ぎが気になる人にとって最適のフルーツと言えるでしょう。

 

オーラプテンは健康な細胞に害を与える活性酸素の抑制にも有効なので、アンチエイジングにも一定の効果が見込めます。なお、オーラプテンは皮にしか含まれていないため、皮ごと八朔を使ってジャムを作るなど、工夫して食べるといいでしょう。

 

疲労回復に効果的なクエン酸

運動をすると、体の中には乳酸と呼ばれる疲労物質がたまっていきます。クエン酸の栄養効果は、そうした疲労物質が増えないように働きかけることにあります。

 

さらに、クエン酸は疲労物質を体の外へ排出する機能も高めてくれるので、健康的な体を維持するために不可欠な栄養素と言えます。

 

血管を強くしアレルギーを抑えるナリンギン

健康でいるためには血管を若く保つことが大切です。とくに血液をさらさらにするナリンギンは、血管年齢の若返り効果が期待できる栄養素。同時に高血圧の改善にも有効なので、八朔を食べることは動脈硬化の防止にもつながります。

 

また、ナリンギンには抗アレルギー作用もあるので、花粉症の予防や改善にも役立ちます。

 

八朔は美容にも健康にも高い効果を発揮するフルーツ。日頃の体調管理のためにも、積極的に食べることをおすすめします。

<スポンサーリンク>
page top