ポンカンの美味しい食べ方

ポンカンの美味しい食べ方

柑橘類は、いろいろな食べ方が楽しめるフルーツです。丁寧に薄皮をむいて実だけを食べる人もいれば、ちょっとアレンジして他の食材と組み合わせて食べる人もいます。今回は、ポンカンの美味しい食べ方を紹介しましょう。

 

 

スタンダードな食べ方

柑橘類はどれも甘酸っぱい風味ですが、とりわけポンカンは、甘さが強く感じられる柑橘類です。そんなポンカンのスタンダードな食べ方は、外皮と薄皮をむいて実だけを食べる方法。とにかく濃厚な甘みを堪能したい人にとって、ぴったりの食べ方と言えるでしょう。

 

なお、八朔と違って、ポンカンは実を包んでいる薄い皮が柔らかいフルーツです。薄皮が付いた状態で食べても、まったく問題はありません。

 

ケーキやタルトのトッピングにする

ポンカンをいろいろとアレンジすることで、他の食材に風味付けをしたり、あるいは、ポンカン自身の甘さをより引き立てたりすることができます。

 

ポンカンのごろっとした実の食感を生かしたいなら、ケーキやタルトのトッピングに使うことができます。みかんに比べると、ポンカンは果汁が少なめです。果汁が滴り落ちる心配もあまりないため、ポンカンはスイーツ系のトッピングに最適なフルーツと言えるのです。

 

ゼリーの具材にする

実がやや硬めのポンカンは、甘い風味だけでなく食感も同時に楽しめるフルーツです。その食感を引き立てる食べ方なら、ゼリーにして食べる方法があります。

 

プルンプルンのゼラチンや寒天と合わせれば、ポンカンの実がより食感豊かに感じられるでしょう。また、バリエーションとして、ゼリーにミルクを混ぜるという選択肢もあります。まろやかでコクのあるゼリーと甘さの強いポンカンは、相性も抜群です。

 

ポンカンジャムを作る

甘夏や八朔と同じように、ポンカンもジャムの食材に利用することができます。甘夏を使うと酸っぱみのあるジャムを、八朔を使うと独特の苦みが効いたジャムを、それぞれ作ることができます。一方、ポンカンは濃厚な甘みのジャムを作りたい人におすすめの食材。ポンカン本来の甘さを生かしたいなら、砂糖の量をやや少なめにするといいでしょう。

 

ポンカンは甘みがギュッと濃縮された柑橘類です。スイーツ系の食材と合わせるなど、ちょっと食べ方を工夫することで、ポンカンの甘さをいっそう引き立てることができます。

<スポンサーリンク>
page top