グレープフルーツの栄養価

グレープフルーツの栄養価

グレープフルーツの栄養価をまとめています。

 

 

グレープフルーツの栄養価一覧

カロチン

果実が赤いピンク・ルビー・スタールビーに豊富に含まれている栄養素。抗酸化作用を持ち癌予防や老化防止に効果的。

 

ビタミンC

シミの原因メラニン色素の生成を抑制する作用がある。また皮膚の酸化を防ぐ抗酸化作用があるため美肌作りには欠かせない。抗ストレス作用も高くイライラの抑制などに効果が期待できる。

 

クエン酸

グレープフルーツだけでなくあらゆる柑橘類に共通して含まれる栄養成分。酸味の元である。疲労の原因である乳酸の増加を抑制し、分解するので疲労回復に効果が期待できる。

 

ナリンギン

グレープフルーツの苦みの原因となる成分である。ナリンギンの摂取は免疫力を高め、アレルギーや風邪に強くなる。また脂肪の分解を促進する効果もあるのでダイエットにも効果が期待できる。

 

リモネン

リモネンはグレープフルーツの香り成分である。脂肪燃焼に不可欠である「UCPタンパク質」の活動を促進させる効果がある。

 

カリウム

カリウムは心臓の機能を正常に保つ働きがある。また塩分の分解を促進する役割があるので高血圧を予防する効果もある。

 

ペクチン

食物繊維ペクチンは、コレステロールの体内への吸収を防ぎ動脈硬化や高血圧を予防する。皮の裏側の白い部分に豊富に含まれている。また整腸作用もあるので便通を良くしたり、肌の調子を良くする効果もある。

<スポンサーリンク>
page top