グレープフルーツの白い部分の栄養

グレープフルーツの白い部分の栄養

グレープフルーツの果肉にまとわりついている白い部分。苦みが強いので剥いて捨ててしまう人も多いかもしれませんが、実はこの部分かなり栄養が豊富なんですよ。

 

 

グレープフルーツの白い部分の栄養

●グレープフルーツの白いふわふわした部分は食べることができるだけでなく、健康に良い成分が豊富に含まれている。

 

●白い部分に含まれている栄養成分はペクチンといわれる水溶性食物繊維である。

 

●ペクチンはグレープフルーツの他にもミカンやリンゴなどの果物、キャベツや大根といった野菜類にも含まれる。

 

●整腸作用・コレステロールの抑制機能・血糖値上昇の抑制機能があるなど身体に良いものである。

 

※食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類がある。水溶性食物繊維は保水性が高く血糖値上昇を抑える能力が高い。

 

水溶性食物繊維の効果

●小腸で栄養素の消化吸収を送らせる効果がある。

 

●有害物質を吸収して体外へ排出する働きがある。

 

●水溶性食物繊維には発酵性があり、腸内環境を整えるために善玉菌を増やす働きがある。

 

●脂肪分が吸収されるのを抑制する。

 

●コレステロール値を下げて動脈硬化を予防する。

 

●ナトリウムを吸着し体外に排出する役割があるため、塩分の過剰摂取を防ぐことができる。

<スポンサーリンク>
page top