グレープフルーツは血圧を下げる食べ物?

グレープフルーツは血圧を下げる食べ物?

グレープフルーツと血圧の関係について解説しています。グレープフルーツは高血圧の予防になるのか、また高血圧の薬と飲み合せてはいけない理由など。

 

 

グレープフルーツが高血圧の予防に効果的!

●グレープフルーツに豊富に含まれているカリウムは、塩分の分解を促進する効果がある。塩分の過剰摂取は高血圧の原因である。

 

●塩っ気のあるものが好きな人はグレープフルーツを食べ合わせにすることで、過剰な塩分の吸収を抑えることができる。

 

●もちろん本格的な高血圧対策にはある程度の減塩や減量といった自己管理も必要になる。

 

高血圧の薬を飲んでいる人は注意!

●高血圧や狭心症の薬である「カルシウム拮抗剤」とグレープフルーツに含まれる「フラノクマリン」という物質は相互作用を起こす。

 

●カルシウム拮抗剤は血圧を下げる薬である。

 

●グレープフルーツによりカルシウム拮抗剤の薬物の作用を倍増させてしまい過度な血圧低下を引き起こす。

 

●必要以上に薬物の効果がでてしまうことにより頭痛やめまい、顔面紅潮といった症状がでることがある。

 

高血圧の合併症

●高血圧というのは酸素を運ぶ血管に圧力がかかってしまうことなので、それにより起こり得る合併症がもっとも怖い。

 

●代表的な合併症としては「心肥大」があげられる。血管に圧力がかかっているため心臓で血液を送り出すのに大きな力が必要になる。

 

●そうなると心臓の筋肉が発達して厚くなり心臓全体が大きくなってしまうことを心肥大という。

 

●心肥大になると狭心症・心不全・心筋梗塞などのリスクが高まる。

<スポンサーリンク>
page top