ピンクグレープフルーツ(ルビー)の効能

ピンクグレープフルーツ(ルビー)の効能

ピンクグレープフルーツ(ルビー)の効能をまとめています。白い果肉のグレープフルーツとの違いはどんな所にあるのでしょうか。

 

 

ピンクグレープフルーツ(ルビー)とは

●ピンクグレープフルーツは果肉が赤みがかかったピンク色をしているグレープフルーツのこと。

 

●ルビー、レッドブラッシュとも呼ばれている。白い果肉であるホワイトと区別するためにこの名が使われることが多い。

 

●黄色やオレンジ色の果皮をしている。

 

●中でも白肉のものは酸味が控えめでまろやかな味をしている。

 

ピンクグレープフルーツ(ルビー)の効能

●基本的な効能は【⇒⇒グレープフルーツの効能まとめ】で解説した通りだが、ピンクグレープフルーツ特有の点といえばβカロテンが含まれているということである。

 

●βカロテンは小腸で吸収されてからビタミンAへと変わる栄養素である。

 

●ビタミンAには粘膜や皮膚を健康に保つ・動脈硬化を予防・視覚機能を改善するといった効果がある。

 

●またピンクグレープフルーツにはリコピンが豊富に含まれている。

 

●リコピンはトマトにも豊富に含まれている栄養素で、血流改善や生活習慣病の予防効果がある。

 

●リコピンにより血行が促進されて新陳代謝が活発化するため、肥満防止効果もある。

<スポンサーリンク>
page top