グレープフルーツの保存方法・保存期間

グレープフルーツの保存方法・保存期間

グレープフルーツを新鮮な状態で食べるための保存方法を紹介しています。

 

 

グレープフルーツの保存方法

●グレープフルーツは風通しの良い冷暗所または、乾燥防止のためにビニールにいれて冷蔵庫の野菜室に保存する。

 

●基本的には冷蔵庫には入れない。冷蔵庫は温度が低すぎるので低温障害を起こしてしまう可能性がある。

 

●グレープフルーツはバナナやパイナップルなどに並び、果物の中でもとくに低温障害を起こしやすい果物である。

 

●低温障害を起こすと窪んだ斑点ができたり、表面に褐変(かっぺん)ができたりして品質の劣化を招く。

 

●保存方法を間違えると、グレープフルーツに豊富なビタミンCも減少してしまうので注意しよう。

 

グレープフルーツの保存期間

●果物は収穫されたあとも呼吸を続けている。そのエネルギーに栄養素や水分が使われているため、日にちがたつごとにそれらが枯渇していく=鮮度が落ちていく。

 

●やはり購入したら早いうちに食べることをおすすめする。

 

●グレープフルーツは常温保存ならば4~5日以内、冷蔵庫の野菜室ならば2週間以内には食べるようにしよう。

 

●1つ1つラップに包むことで乾燥を防ぎ長持ちさせることができる。

 

※カビが生えている食べ物と一緒に保存しないこと。

<スポンサーリンク>
page top