グレープフルーツを皮ごと食べる場合の注意点

グレープフルーツを皮ごと食べる場合の注意点

グレープフルーツは皮ごと食べても大丈夫なのでしょうか?

 

 

皮ごと食べるのは農薬が心配!

●輸入されてくる柑橘類のほとんどには農薬が使われているため、外の硬い皮ごと食べるのは避けたほうが良いかもしれない。

 

●ただし、水の中で洗えばかなりとれるので、食べれないことはない。

 

●また農薬の安全基準としては皮ごとたべても大丈夫かどうかが最低ラインになっているため、農薬が浸透している皮を食べたところですぐに健康被害がでることは考えにくいだろう。

 

●皮を食べるのならきちんと洗ってから、すりおろして調味料に浸かったり、天日干しにして漢方薬として利用したりがおすすめである。

 

●砂糖漬けのピールにしてもいいだろう。

 

●グレープフルーツのような柑橘類のピールは苦くて通常そのままでは食べないが、陳皮等に調理して食べると美味しい。

 

薄皮は皮ごと食べてもOK

●ただし果肉を包む薄皮ならば、ここまで薄皮が浸透しているとは考えにくい。薄皮は食物繊維が豊富なので是非食べてほしい。

 

●果肉を包む薄皮やわたにはペクチンとよばれる水溶性食物繊維が大量に含まれており、整腸作用・肥満防止・疲労回復といった様々な効能をもたらしてくれる。

 

●白い皮は苦みがあり苦手な人は多いかもしれないが、ジュースにしてしまえばあまり気にならなくなる。

<スポンサーリンク>
page top