温州みかんは肝臓に良い食べ物?

温州みかんは肝臓に良い食べ物?

みかんの成分は肝障害予防に効果があることが近年の研究でわかってきました。温州みかんが肝機能改善に効果的な理由や効能を紹介していきます。

 

 

温州みかんが肝機能障害のリスクを下げる

●温州みかんに豊富に含まれている β-クリプトキサンチンが肝機能障害の防止や改善に効果的だと考えられている。

 

●肝機能障害の原因はアルコールが肝臓で代謝される過程で、過剰な活性酸素が発生してしまうことだといわれている。

 

●β-クリプトキサンチンにはその活性酸素の過剰発生を抑える作用があるのではと考えられている。【参考サイト:http://allabout.co.jp/gm/gc/322010/】

 

●β-クリプトキサンチンは温州ミカン1個当たり1〜2mg程度含まれている。これはグレープフルーツやレモンの60倍以上の量に相当する。

 

●温州みかんに豊富に含まれるビタミンやミネラルは肝臓の代謝機能を助ける働きがある。

 

 

以上の理由から温州みかんをよく食べる人ほど、脂肪肝や肝硬変などの肝機能障害が起こるリスクが少なくなると考えられます。

<スポンサーリンク>
page top