温州みかんを皮ごと食べる方法 農薬には注意

温州みかんを皮ごと食べる方法 農薬には注意

温州みかんなどのミカンを皮ごと食べる方法を紹介しています。また農薬の注意点などについても解説しています。

 

 

みかんを皮ごと食べる方法

●みかんは火を通して「焼きミカン」にすれば、皮も柔らかくなり皮ごと食べることができる。

 

●焼き方はトースターやオーブンで焼くのがおすすめ。

 

●乾燥させたり焼いたりしてパリパリに乾燥したみかんの皮は「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれ、漢方薬や調味料として活用される。

 

●乾燥させたみかんの皮をミキサーにかければ、柚子のように調味料に用いたり、ご飯にかけてふりかけにすることもできる。

 

●温州ミカンの皮を切りきざんでジャムにすると、ほろにがさと甘みがマッチして美味しい。パンやヨーグルトの味付けに有効活用しよう。

 

無農薬の皮を使おう

●皮ごと食べるのなら無農薬の国産のみかんを使うようにしよう。

 

●国産の蜜柑にも農薬はついているが、お湯で洗えば簡単にとれる。

 

●外国産のみかんの皮は農薬の濃度が高く、油系ワックスが胃を荒らすためやめておこう。

 

みかんの皮の栄養成分

●みかんの皮には栄養がたくさん詰まっているため、食べられるものなら健康のために食べてみよう!

 

●みかんの皮は高血圧・動脈硬化・心臓疾患・脳梗塞などを予防できる栄養素が豊富に含まれている。

 

●みかんの皮に含まれているヘスペリジン(ビタミンP)のおかげである。

 

●ビタミンPには発がん抑制効果や血流改善作用などがあるとされ、温州ミカンの皮にはとくにたくさん含まれている。

<スポンサーリンク>
page top