レモンの栽培方法

レモンの栽培方法

レモンの栽培方法を紹介しています。当サイトではレモンの効能を紹介していますが、そのレモンを育てたい!という人の参考にもなれば幸いです。

 

レモンの栽培

レモンはインドのような暑い地域原産の果物なので、基本寒さに弱いです。なので日本で屋外で栽培できる地域は限られているのですが品種や環境によっては鉢植えでも育てることができます。栽培時期の目安については下記を参考にしてください。

 

  • 開花期:5月中旬〜6月下旬
  • 収穫期:11月中旬〜2月下旬
  • 植え付け:4月中旬〜6月中旬
  • 剪定(せんてい):2月、9月
  • 鉢植え:12月中旬〜1月中旬

 

おすすめの品種

家庭果樹に向いているのは寒さにも比較的強く、果実ができやすいリスボンやビラフランカなどの品種です。これらは果汁が多く、種は少ないというまさに食用に適した品種です。また最低気温3度くらいまでなら耐えることができるので、地域によっては庭植えで育てることができるでしょう。【関連記事:レモンの品種一覧とそれぞれの特徴

 

レモンができるまでの期間

植え付けをしてから果実が実るまでは大体3~4年くらいとされています。それ以上たっているのに全く実らない、開花しないというのであれば、管理に問題がある可能性があります。以下の点を確認してみましょう。

 

  • 水はけの良い用土を使っているか。
  • 日当たりの良い場所に置いているか。
  • 年間通して肥料を切らしていないか。
  • 寒すぎる環境に置いていないか。
<スポンサーリンク>

関連ページ

レモンの産地|生産量日本一は?
栄養価が高く、料理の魅力を引き立てる効果もあるレモン。そんなレモンの有名な産地を紹介しています。
レモンの種類
レモンの種類(品種)の一覧とそれぞれの特徴を紹介しています。
鉢植えでのレモンの木の育て方
鉢植えでのレモンの育て方を紹介しています。
レモンの木の剪定方法と時期
レモンの木の剪定方法や剪定時期について紹介しています。
レモンの木の植え替え時期
レモンの木の植え替えの必要性や植え替え時期、植え替え方法について紹介しています。
レモンの収穫時期
レモンの収穫時期はいつごろになるのでしょうか?また実のどのような変化をみて収穫時期と判断すればいいのでしょうか。
レモンの木の病気の原因と対処法
レモンの木の病気の症状と対処法について紹介しています。
レモン栽培における肥料の必要性
レモンの栽培において肥料は非常に必要性が高いです。1年を通して肥料を切らさないようにしなければいけません。

 
トップ グレープフルーツ 温州みかん レモン 八朔 ポンカン