レモンの産地|生産量日本一は?

レモンの産地|生産量日本一は?

栄養価が高く、料理の魅力を引き立てる効果もあるレモン。そんなレモンの有名な産地を紹介しています。

 

 

レモンの生産量で多いのは?

まず世界でみた場合、レモンの生産量が多いのは以下の順になります。(ウィキペディアより

 

世界生産量ランキング

  1. 中国
  2. メキシコ
  3. ンド
  4. アルゼンチン
  5. ブラジル
  6. アメリカ合衆国
  7. トルコ
  8. スペイン
  9. イラン
  10. イタリア

 

日本に流通しているレモンのほとんどは輸入品となり、アメリカ・チリからの輸入がメインとなっています。

 

日本での生産/日本一はどこ?

日本でも年間6000万トン以上の生産量がありますが、これは国内消費量のわずか13%程度の量です。やはり輸入に頼っているのが現状です。

 

国内生産量ランキング

  1. 広島県
  2. 愛媛県
  3. 和歌山県
  4. 熊本県
  5. 佐賀県

 

国内で最も生産量の多い産地は広島県ですね。国内生産の51%は広島産となっており圧倒的な日本一です。

 

次点で多いのが愛媛県です。愛媛県の上島町では「青いレモンの島」をキャッチフレーズとして生産促進と観光事業の拡大を行っています。

 

1位と2位の広島・愛媛で国内生産の74%は占めていますね。

<スポンサーリンク>
page top