レモン栽培における肥料の必要性

レモン栽培における肥料の必要性

レモンの栽培において肥料は非常に必要性が高いです。1年を通して肥料を切らさないようにしなければいけません。

 

堆肥の時期

鉢植えならば年に4回の堆肥(3月、6月、9月、11月)が必要とされています。1株あたりに300g程度の粒状肥料を土に混ぜるようにしましょう。

 

開花期の堆肥は重要!

とくに開花期の6月に与える肥料に関しては重要です。実のつきかたにも影響しますのでこの時期にはとくに肥料が切れないようにしましょう。即効性の化成肥料を与えましょう。

 

化成肥料とは: 
窒素・リン酸・カリウムの三大要素の成分量の合計が全体の3割を超えるもの。植物の生長に対して栄養分の伝達が早く、追肥に使われることが多い。

 

木が弱ってしまったら

葉の色が悪くなってしまって樹が見るからに弱っている場合は液体肥料を用います。

<スポンサーリンク>

関連ページ

レモンの栽培方法
レモンの栽培方法を紹介しています。当サイトではレモンの効能を紹介していますが、そのレモンを育てたい!という人の参考にもなれば幸いです。
レモンの産地|生産量日本一は?
栄養価が高く、料理の魅力を引き立てる効果もあるレモン。そんなレモンの有名な産地を紹介しています。
レモンの種類
レモンの種類(品種)の一覧とそれぞれの特徴を紹介しています。
鉢植えでのレモンの木の育て方
鉢植えでのレモンの育て方を紹介しています。
レモンの木の剪定方法と時期
レモンの木の剪定方法や剪定時期について紹介しています。
レモンの木の植え替え時期
レモンの木の植え替えの必要性や植え替え時期、植え替え方法について紹介しています。
レモンの収穫時期
レモンの収穫時期はいつごろになるのでしょうか?また実のどのような変化をみて収穫時期と判断すればいいのでしょうか。
レモンの木の病気の原因と対処法
レモンの木の病気の症状と対処法について紹介しています。

 
トップ グレープフルーツ 温州みかん レモン 八朔 ポンカン